家計節約 格安SIM

家族で格安SIMに転入して家計を節約してみた結果!?

家計簿を見ながら「何とかもう少し節約出来ないものか?」と毎月頭を悩ませている貴方!

 

家計を見直すのに忘れてはならないのが通信費の存在です。

 

スマホ等の通信費は複雑で手を出しにくいですが、上手く節約出来れば家族で毎月20,000円以上の節約も可能ですので是非とも頑張ってみましょう!

 

スマホ通信費を引き下げる強い味方

昔は1台2-3千円で運用出来ていたケータイ電話もスマホの登場により月額料金がグンと跳ね上がってしまいました。スマホの使用料の月額平均は7,000円前後とも言われており、4人家族でそれぞれがスマホを使用しているとそれだけで毎月28,000円の支出になります。

 

毎月3万円前後の支出だと、スマホ使用料の支払い日にはいや〜な気分になってしまいますよね。

 

このスマホ通信費をかなり抑える事が出来るのが格安SIMです。

 

何となく耳にした事はあるけど、イマイチ良く分からない、複雑そうだから調べる気が起きないという人が多いと思いますが、格安SIMは大手キャリアでスマホを運用するのとほとんど変わらずに月2,000円以下で使用する事も出来ます。あまり動画を見ない・通話をしないといった使い方の人なら1.500円以下での運用も十分に可能です。

 

私の家族の場合

女性 スマホ

私の家族は夫がDocomo、私と息子二人がauを使用していました。

 

夫の通信費が月9000円前後、私の通信費が月に7000円前後、息子二人の通信費が月に8000円前後×2と合計32,000円程度の通信費を毎月支払っていました。何度かショップでもっと割安になるプランはないですか?と相談をしてみたのですが、端末料金の支払いも終えているはずなのにこれ以上通信費を安くする事が出来ませんでした。

 

いい加減これは何とかしなければいけないと思い立ち、家族全員でmineoという格安SIMに乗り換えを決行する事にしました。

 

格安SIMに乗り換えてみた結果、全員の基本料金が1,500円程度になりました。通話料金を入れても一人2,000円以内で収まっています。

 

家族の月々の支払い合計額は8,000円以下になり、大手キャリアを使用していた時から比べると32,000円 - 8,000円 = 2.4000円の通信費の節約になりました!

 

今使用している電話番号をそのまま引き継ぐ事の出来るMNP(モバイルナンバーポータビリティー)を利用して乗り換えをしましたが、手続きも思ったよりも簡単ですんなりと乗り換えする事が出来ました。

 

こうして格安SIMに乗り換えてみると、ハッキリ言って大手キャリアでのスマートフォンの運用は損だと思います!

 

家計の節約をお考えなら、格安SIMへの乗り換えは検討する価値アリです!

格安SIMって何だろう?

格安SIMとは、スマホやタブレット等の通信端末を安く利用する事のできる通信サービスの総称でMVNO(仮想移動体通信事業者)とも呼ばれます。

 

MVNOは大手キャリア(Docomo・au等)から通信回線を借り受けて通信サービスを行っています。自社で通信インフラ(ケータイ基地局等)を持たないため、その分通信毎月の通信料を安くする事が出来るのです。

 

しかし、通信回線はあくまで大手キャリアのものと同じですので、通信回線のエリアなどは格安SIMを使用していても大手キャリアと変わりありません。

 

格安SIMでも電話番号は変わらない?

格安SIMに移転してもMNPというサービスがあるので現在の電話番号は変わらず使う事が出来ます。

 

MNPの正式名称はモバイル・ナンバー・ポータビリティといい、今ではキャリアを変更する場合にこのMNPを利用して電話番号はそのままでキャリアを変更するのが一般的です。

 

格安SIMで何が出来て、何が出来ないの?

ただ料金が安くなるだけではなく、もちろん格安SIMにもデメリットはあります。
大きなポイントは

  • キャリアのメールアドレスが使えなくなる
  • キャリアの決済サービスが使えなくなる
  • 通話料金が高い

という事があげられます。

 

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

 

キャリアのメールアドレスが使えなくなる

格安SIMにMNP転入をすると、現在お使いのキャリアのメールアドレス(@ezweb.ne.jp等)は使用する事が出来ません。
すでにLINEなどを使用している方にはあまり関係ないかもしれませんが、今お使いのメールアドレスをどうしても継続したいという方は格安SIMへの移行は向いていないと言えます。

 

なお、格安SIMに移行した場合、ほとんどの格安SIMで新たなメールアドレスは発行してもらえます。しかし、使い勝手の良さや、今後またサービスを移転することも考えてGmailを使用している方が多いです。

 

キャリアの決済サービスが使えなくなる

現在大手キャリアの決済サービスは様々な所で使用する事が出来ます。
これにより、ゲームやアプリの支払いも簡単に出来るのですが、格安SIMに移行するとこのキャリア決済は使用する事が出来なくなります。

 

通話料金が高い

スマホの通話料金は割高になっているのですが、大手キャリアは通話料無料分が組み込まれていたり、通話し放題のプランがあります。

 

格安SIMを使う場合は、通話料金を抑えるために050で始まるIP電話サービスなどを活用して通話料金を下げる必要があります。IP電話アプリについては、ほとんどの格安SIMで無料で使用する事が出来ます。

 

また、どうしても通話の頻度が高いという方も、楽天モバイルが5分かけ放題オプションを行っています。楽天モバイルは楽天電話アプリも使用でき、上手く使えば大手キャリアの通話し放題プランより安く通話する事が可能です。

 

Docomo系SIM・au系SIMって何だろう?

では、いざ格安SIMに乗り換えようと思った時に、どこでも好きな格安SIMを選んでいいのかというとそうではありません。

 

格安SIMに乗り換える際に、新たにスマホ端末を購入する場合はどのSIMにでも移行出来ますが、現在お使いのスマホ端末をそのまま引き継ぎたい場合は注意が必要です。

 

先ほど、格安SIMは大手キャリアから回線を借り受けていると書きましたが、格安SIMは主にDocomoから回線を借り受けているDocomo系格安SIMと、auから回線を借り受けているau系格安SIMに分かれます。

 

大手キャリアで購入した端末にはキャリアの情報が入力されており、他社の回線で使用出来ないようロックがかかっています。他社回線でこの端末を使用する場合はこのロックを解除する必要があるのです。

 

比較的新しい端末はこのSIMロックを解除する事は可能ですが、少し前のモデルの端末はこのSIMロックを解除する事が出来ません。

 

そのため、端末と通信回線を合わせる必要が出てきます。Docomo端末を使用中ならDocomo系格安SIM・au端末を使用中ならau系格安SIMに移行する必要があります。

 

格安SIMに移行しても現在の端末を使いたいという方は注意が必要です。

 

格安SIMでは公式サイトでチャット形式で質問できる所が多いので、不安な方は問い合わせしてみるといいですね。

格安SIMでいくら節約出来るの?

格安SIMに移行すれば全ての人が節約できるかというとそうではありません。

 

仕事等の都合でどうしても通話の多くなる人や、スマホで一日数時間動画を見る人・ゲームをする人は格安SIMに移行しても安くはならない場合があります。

 

しかし、LINE等を使用して通常の通話をあまりしない人や、スマホでネットは使うが動画はあまり見ない人は大きく節約出来る可能性があります。

 

スマホを使用している方の半数以上の方は月に3GB以内のデータ容量しか使用していないというアンケート結果がありますが、例えば私の使用しているmineoは音声通話付き3GBプランが月額1,510円でこれに家族割が適用されます。

 

楽天モバイルの場合は音声通話付き3.1GBプラン月額1,600円で5分かけ放題オプション(850円)を加えても2,450円で使用する事が出来ます。

 

大手キャリアの平均月額は7,000円程度と言われていますので、格安SIMに移行するだけで月々のスマホ料金を半分以上も節約する事が出来ます。実際に私も一年近くmineoを使用していますが、スマホの月額使用料が2,000円を超えた事はありません。

格安SIMを選ぶなら? おススメの格安SIMは?

では、いざ節約のために格安SIMを使ってみようと思っても、格安SIMは現在数十社がサービスを展開しているため検討するのも一苦労です。

 

ですが、実際に優れたサービスを提供している格安SIMはほぼ決まっており、この数社の中から自分に合った格安SIMを選ぶのがおススメです。

 

サービス内容に優れた格安SIMを用途ごとに紹介しておきます。

家族でMNPするならmineoが簡単でおトク!

mineoは関西電力グループのケイ・オプティコムが提供しているサービスです。mineoの一番の特徴はau回線とDocomo回線を使う事の出来るマルチキャリアだという事です。これにより、家庭内で使用しているのがDocomoとauに分かれていると言った場合でも、一家まとめて簡単にMNP転入する事が出来ます。また、家族割や家族内でのデータ容量のシェアにも力を入れており、家族であれば同一住所に住んでいなくても割引を受ける事が出来るなど、ご家族で一斉に格安SIMに転入する場合には一番向いている会社です。

 

通話を多くするなら楽天モバイルで決まり!

楽天モバイルには楽天でんわサービスがあり、これはIP電話と違い通常の電話番号で発信できるサービスです。この楽天でんわを使用する事で、通話量を通常の半額に抑える事が出来ます。また楽天でんわから5分以内ならかけ放題というオプション(月850円)も使用する事が出来るので、通話の多い方には最適な格安SIMです。この楽天モバイルの登場により、通話料金が高いのがネックで格安SIMに移行出来ないという事がほとんどなくなりました。

 

大容量の通信を行うならU-mobile以外ありえない!

スマホで動画の閲覧をする人はかなりのデータ容量を消費します。とはいえ、20GBプランなどの大型容量のプランは月額6,000円以上の所も多くこれでは格安SIMを使う意味が薄れてしまいますよね。そんな方に最適なのがU-mobileのLTE 使い放題プランです。LTE 使い放題プランなら基本使用料が2.980円とかなり割安に大容量データ通信を行う事が出来ます。スマホで動画を閲覧する人はU-mobileが一番おトクです。

格安SIMで家計節約のまとめ

家計の事に頭を悩ませていると、気になるのが通信費の存在です。

 

でも、スマホのプラン等は複雑すぎてどうしても調べる気にならないんですよね・・

 

しかし、いざ格安SIMに移転してみると手続きは想像していたよりもはるかに簡単で、おまけに我が家の場合は月々24,000円の節約にも成功出来てしまい結果的には大満足です。

 

今までのあの高額な通信料金は何だったんだろう?という感じです。 ハッキリ言って大損していましたね・・

 

格安SIMは問い合わせにも慣れているのか、初歩的な事でもとても丁寧に説明してくれます。

 

スマホの通信費が高すぎると感じている方は、格安SIMへの移転を検討してみるのが吉だと思います!

 

 

最後に
私が格安SIMを使ってみてスマホ料金が驚くほど安くなった事で、思わず「誰かに知らせなきゃ!」とこのサイトを作ってしまいました。

 

このページを見て、どなたかの通信費が大幅に節約出来てくれると嬉しいです。